EQテストなるものを受けて死ぬほど落ち込んだ話

ライフハック
スポンサーリンク

EQというのは「こころの知能指数」と言われ、人間としての成熟度を表すとかなんとか。

EQが低い≒精神年齢が低いともいわれているとかなんとか。

なるほど、IQテストみたいなのは大抵120くらいの俺だが、EQはどうなんだろう、どこを改善することで現状より良くなるのだろうかと受けてみたのである。

 

0.EQを測るには

手っ取り早いのは本を買うことである。

 

 

この本に、EQテストを受けるためのパスコードが入っている。

書籍内に記載されているアドレスにアクセスしてパスコードを入力、色々な情報の入力を求められるから素直に入力して、実際にテストを受ける。

この本を買って頭から読んだら、テストを受けるタイミングが分かるから、それに従って受けるといい。

1.前提:EQにも内訳がある

俺は今まで知らなかったんだが、EQには内訳があって、

個人的なスキル→「自己認識」「自己管理」

社会的なスキル→「社会的認識」「人間関係管理」

(『EQ 2.0 (「心の知能指数」を高める66のテクニック)』 p.38 下図より引用)

 

読んで字の如く、「自己認識」は自分の感情が動くことについて客観的に認識できているか、自分の感情の動きによって周囲に起こる影響を認識できているか、がスコアとして出るわけだ。

他も同様で、まぁ、基本は感情が読めるか、そしてコントロールできるか、

その対象が自己か他者かで4分割されていると考えてよい。

 

このスコアは他者との比較で弾き出される数値らしい。

 

2.俺の結果

結果の画像が以下の通りである。

これが表示される前に、90台がスコアとして非常に高く、70台は普通くらい、59以下は懸念すべきと書いてあった。

と、いうことはだ。

人としてギリギリ及第点があるのは「社会的認識」、他人の感情を把握しているかというところだけ。

 

しかも質が悪いことに、「人間関係管理」は37というとんでもないスコアを叩き出している。

これはつまり、その把握した感情を一切無視して対人接触をしていることを意味するのでは・・・?

 

「自己認識」も「自己管理」も同様にスコアが低いのが大変気になる。

とりあえず本に戻るか・・・

 

自己認識スキルの低い人の例

(略)

自己認識スコア=69

(同上 p.45より引用)

 

おいおいそれで低いって相当やべーぞ俺。

 

3.EQの向上を図ります

流石にこれだけEQが低い事実を突きつけられると凹む。

だが本書曰く、トレーニングを積むことで改善が図れるとのこと。

日常の対人関係で、確かに俺のEQが低いのだろうと自覚する場面は、確かに少なくない。

 

親切にもwebのページでは、EQのスコアが低くなった特徴的な要因を指摘してくれて、どこから改善するのがよいか示してくれる。

まずは自分が改善したいスキルを1つ選べとのことだったので、俺は「自己認識」を選んだ。

 

#なぜ一番低い「人間関係管理」じゃないかって?他のスコアが75以下の奴は先に他選べって書いてあったからだよ

#他のスキルがベースになっているんだろう、これが極端に低い理由も説明がつく

 

俺の「自己認識」スコアを上げるために

・自分の価値を調べる#11

・不快感に注目する#3

・自分の行動による他人への影響を完全には認識できない#2

の3つに取り組むと良いらしい。

 

いや、流石にこれはガチで凹んでるし、こういうところの改善をしたいが為に本書を購入したのだから、

いまからこの本に戻ってEQ上げの為に学習するよ。

 

自分のが気になる人は買ってテストしてみるといい。

amazonレビューにもあったけど、中古だとパスコード使用済の可能性があるから、新品推奨。

 

 

半年後くらいにリマインドメールが来て、もう一度テストを受けられるみたいだから、そのときにはスコアが良くなるように。

コメント