裏スリ作成方法(簡易作り方)

遊戯王
スポンサーリンク

ここ1ヶ月くらいで遊戯王を覚えて、デッキが8つほどになってしまった。

身内でやるだけだが、友人と同じようなスリーブを使っていると混ざってしまう可能性、そうでなくとも管理が面倒になるため、裏スリを作るようになった。

それなりに手間はかかるが、簡単に作れる裏スリ作成方法を書いておこうと思う。

自宅にはモノクロレーザープリンタしかないため、コンビニのプリントサービスを利用する方法を考える。

以下、遊戯王サイズのカードを基準として記述するが、他のカードサイズにも応用できるだろう。

0.その前に

ここでは具体的な手順というよりは、裏スリを作るにあたって必要な情報を書いてあるので、とにかく作り方を、ということであれば

 

裏スリ作成手順案内
どうも弊ブログでは裏スリ記事がよく見られているようだが、正直文字ばかりのため、いざ作るとなっても厳しい部分があるかもしれない。 手順をわかりやすくすることで裏スリ人口を増やしたいので、全体的に手を加えます。 細かい部分や詰まることがある...

こちらで自身の環境と作りたいサイズを確認してほしい。

1.多重スリーブについて

裏スリを作るためにはスリーブの構成とサイズを把握することが必要である。

本当に最低限を考えるならスリーブは一重でも構わないのだろうが、私は三重を勧める。

まずはそれぞれの役割と商品名から

一重目:カード保護。カードを買ったらとりあえず全部入れている。(59*86)

新品サプライカードプロテクターインナーガード Jr.

二重目:透け防止。色付きのスリーブ推奨。自分は白。ここはざらざらでなくてもよい。(62*89)

新品サプライカードバリアーミニ パールホワイト

三重目:手に触れる部分。ざらざら加工してあるものを推奨。ここは透明のスリーブを使う。(65*91.5)

新品サプライアウタースリーブ エンボスクリア [62×89mm] サイズスリーブ用

追記:2018/08/22

最近は3重目にはこっちを使用している。比較的固めなのでシャッフルしやすい。

新品サプライカードバリアー ハイパーマットシリーズ ハイパーマット クリアー

 

裏スリの紙を差し込むのは二重目と三重目の間である。紙のサイズは三重目のスリーブより少し小さめで二重目が隠れる64*90くらいで作成する

2.印刷について

順当に考えれば印刷を検討する前に画像データの作成について記述するべきなのだが、コンビニプリントを利用するとなると、コンビニプリントの特徴について理解しておかないと印刷されるサイズが狂うことになる。

調べたところによるとコピー機の違いで、セブン-イレブンとローソンその他のコンビニで分けることができるようだ。

詳しいことは割愛するが、ローソンその他のコンビニで画像ファイル(png、jpg)をA4サイズに印刷することはできず、pdfに変換してから印刷をしても96%縮小されて印刷される。逆算して印刷するのも手だが、面倒なので勧めない。ローソンのメリットとしてはA4光沢紙を選択できるため、こだわりがある場合に手間を承知で使うのがよいだろう。

(詳しくはhttp://kenpg.bitbucket.org/blog/201508/20.html)2018.08.14時点でリンク先閲覧不可

セブン-イレブンでは画像ファイルの直接印刷は可能だが、これも若干縮小される。しかし、事前にpdf出力してそれを印刷すると縮小されずに印刷してくれる。但し普通紙。

よって、裏スリ用紙の印刷は、セブン-イレブンでpdf印刷をするのがわかりやすくてよい、ということになる。

3.データの作成について

ここでの前提として、画像データはすべて600dpiで統一する。三重目がザラスリのため、めちゃくちゃ綺麗でもあまり意味がないからだ。また、私が普段使っているソフトウェアを使用するが、同様のことができれば他のソフトウェアでも構わない。と思う。

画像作成にpaint.net、確認・印刷にMassiGra、pdf変換にdopdfを使用している。

まずpaint.netでA4サイズ(4960*7015pix)のキャンパスを用意し、裏スリにしたい画像(1511*2125pix)を9つ並べ、保存する。jpgで十分。ピクセルの数値については「センチ ピクセル 変換」なんかでググればそれっぽいのが出てくる。

次にmassigraで印刷、画像のdpi値に従うとかなんとかになっていることを確認して、dopdfに渡す。dopdfが保存先を聞いてくるのでフラッシュメモリなりSDカードなりを指定して保存。

あとはコンビニへ行って印刷、持ち帰ってしこしこカッターで切り抜くだけ。

4.注意

・まずモノクロで印刷してみること。

モノクロで印刷して、切り取ってみて、サイズの確認(三重目にきちんと入る・二重目が見えない)を忘れると痛い目を見る(財布が)。

・失敗するのは当たり前だと思うこと。

コンビニプリントは余計なお世話を焼いてくれるから、思い通りに印刷されないことが本当に多い。セブンはローソンに比べると印刷した画像が暗く見えるとか。知っていれば事前に明度上げるなどで対応できるが、コンビニと家を往復してトライアンドエラーすることは覚悟しておくべき。

・大会では使用できない。

自分は身内でしか使わないから良いが、大会等では違反らしい。フリーでも事前に確認を取るべきであるとどっかで見た。まあ実際マークしようと思えばいくらでもできるので当然。

 

 

カード代の1/3くらいスリーブ代にかかってる気がする。

コメント