ScanSnap Cloudのためにix500をファームウェアアップデートしようとして格闘した話

PC
スポンサーリンク

scansnapのソフトウェアは、以前のOrganizerやCardMinder、Manager等、別々のソフトを使用していた。

がしかし、scansnap cloudを使用したくなって調べたところ、scansnap homeという統合ソフトが出ているらしい。

これは良いぞとインストールしてcloudを使ってやろうと思ったら、ix500のファームウェアアップデートが必要とのこと。

ほーん、じゃアップデートしますか。

「scansnapがインターネットに接続できませんでした。」

は?

ここから格闘が始まる。

 

どうやら、ScanSnap Homeは2018年12月の俺のwin10環境下ではインターネットに繋げないらしい。

何をどうしたらそうメッセージが出るのかはIT音痴の俺にはわからないが、とにかくそうらしい。

そしたら、別PCならいけるのではと鼻毛(win10)にScanSnap Homeを入れてアップデートを試みた。

「scansnapがインターネットに接続できませんでした。」

なるほど。変わらんか。

じゃあ、メインに戻るぞ。

scansnap関係のソフトを一旦全部アンインストールして、Managerをインストール、再度試みる。

んん?できない。

managerでもアップデートできないぞーってgoogleに聞いてみると・・・

 

「scansnapに固定IPアドレス振ってね?DHCPじゃないと繋がらないぞ」

 

は?

homeのトラブルシューティングにそれを書いとけよ、なーにが「usb3.0でつないだりwifiスイッチoffにしてませんか?」だよ。

 

つーか固定IPアドレス割り当てたら機能使えなくなるってほんま・・・逆なら分からんでもないけどさぁ。

 

一応ルーターでIPアドレスを固定する範囲を決めてるから、DHCPもいける。

それなら、とscansnapをDHCPに切り替えて、USB2.0でつないでManagerのままファームウェアアップデートをしたら無事成功。

その後ScanSnap Homeに切り替えてcloudの設定をし、onedriveにpdfを飛ばせることを確認。

 

教訓「インターネットに接続できないと言われたら、固定IPとDHCPを疑ってみよう」

 

おわり。

コメント