目覚しシステム光部門とACアダプタについて

スポンサーリンク

最近電気の勉強をはじめた。

というのも、既存の目覚しシステムは音のみで目を覚ますだけのものだったけれども、快適な目覚めのためには光も重要だと耳にしたからである。

したがって、既存の目覚しシステムを”目覚しシステム音部門”とし、”目覚しシステム光部門”を新設することにした。

光部門は、時間になったら顔面に光を照射するというのが必要条件で、時間になる前から徐々に光量を上げることの出来るシステムが十分条件とする。

 

そういうわけでLEDテープとACアダプタを通販で入手、設置してみた。

LEDテープとはこんなやつである。

これにホームセンターで買ってきた木の棒やら木ネジやらを使って、ベッドに取り付けた。

結線・設置作業は滞りなく終わり、ACアダプタというものについても少々理解が深まった。

多分、12V5AのACアダプタに、12V1Aの機器を複数並列に繋ぐのは問題ないんだろう、今までは、とにかく買ったときに付属していたACアダプタと同じものを使わなければいけないと思っていたから、かなり大きな収穫だと考えている。

もしかしたら、NAS、モデム、ルーターを並列につないでACアダプタを一つに出来るかもしれない。

いろいろなところで見た、「適当なACアダプタが余っていたから・・・」という記述は、取り出す電圧が同じで、許容電流量より小さければOKという判断に基づいていたに違いない。

昨日、電源ケーブルのマネジメントのために色々と散財したから、届いたら各変更について記録していきたいと考えている。

 

コメント