時間の使い方について考える

スポンサーリンク

俺は時間の使い方が悪い。要領が悪いと言ってもいい。

最近この点で苦しく、なんとかなんねぇかなぁと考えてみた。

ちなみに30分で書き出す縛り。

原因は?

・見積もりが甘い

・途中の横槍でやっていたことを忘れる

・面倒でほっとく

・他に気を取られる時間が長い

したがって、上記が改善されれば問題なくなるのである。

 

原因に対して思うこと(分析とまでは言えないなぁ)

・見積もりの甘さについては、なんなら今、見積もってから実際に掛かった時間との差を記録として残そうとしているから、これをもとに見積もりを正確にしていく。肌感覚で見積もれるといいなぁ。

・横やりは特に仕事である。電話かけてくるんじゃねぇ。

ある程度は仕方がないので電話に出る前に、やっていたことをメモるのが有効ではないだろうか。

どっかで見たことがある。

・面倒でほっとく→これは・・・まぁ性格やろなぁ。そもそも飯食うために仕事やら何やらするけど、その前提が固まってないから。何で飯食うの?→生きるため→なんで生きるの?→保留

・今もそうだが、クラクラと花騎士とゼノンザードの様子を見ながら仕事したりものを書いたり、集中力が決定的に欠けている。しかもそのゲームもスタミナを漏らす始末である。

今できる対策

見積の時点でゲーム等も含めて組み込んでおこう。休憩も組込んでおこう。

今朝は不覚にも早く(19:30)に寝てしまったから都合3時に起きる羽目になったが好都合だ。

そのおかげで、休憩込みの見積もりを立てることができたのだ・・・

あとタイマーな。これ重要。

おわりに

さて、これを考えるのに30分の見積を立てていたが、クラクラと花騎士で10分ぐらい持っていかれたような気がしている。

ゲームやるときはゲームの時間を取りたいものだがPCゲーやコンシューマゲーとは違う質の悪いゲームだから扱いに困る。

性格もそうだが、こればっかりは、付き合っていくほかなさそうだ。

#ブログに上げるにあたって整形と加筆で5分程度かな

コメント