ゼノンザード<ZENONZARD>というカードゲームアプリの”リアルカード”を買った話

カード
スポンサーリンク

少し前から目をつけていたんだけれど、バンダイが新しいカードゲームを出すとか。

売りは「AI」。

カードゲーム用AIと共闘したり、相手にするんだそうだ。

まぁそれがスマートフォンアプリで出るらしいんだが、”リアルカード”も販売されたりしているとのこと。

GW暇だし、βテストに落ちてるから、アプリの予習も兼ねてポチってみた。

 

0.公式

ゼノンザード<ZENONZARD>公式サイト│ BANDAI
「カードゲーム特化型AI」を活用した次世代デジタルカードゲームアプリ「ゼノンザード<ZENONZARD>」好評配信中!

 

1.開封の儀

 

amazonから届いた感じがこちら。

気合い入りすぎだろ、この化粧箱上からかぶせるタイプだったし、普通の梱包より確実に金かかってる。

これを空けると

 

すっげぇ・・・カードゲームのスターターデッキででここまでしてるの初めてみた・・・

#なんかデュエマでガシャポンギミックがあるみたいなのは聞いたことあるけどあんなん例外中の例外やろなぁ

 

 

 

内容物は

・デッキ2種(とトークンとか)

・スリーブ(50枚)

・ダイス3つ

・アプリ内デッキ交換コード

・プレイマット兼ルール説明書

 

2.カードについて

開けてからまず確認したのは、カードサイズ。

画像の通り、縦88mmだからスリーブはレギュラーサイズで問題ないな。

 

 

それでは質のチェックだ。

 

 

これで驚いたのが、特殊カード(3枚目)ならまだしも、コモンらしきカード(2枚目)、

更には裏面のデザインにまで光の加減で反射するような印刷がされていること。

遊戯王でいうスーレアみたいな加工がしてある。

 

一番レア?なのはウルレアみたいな加工だな。

 

裏面にまでこんだけの加工するとは対AIのアプリゲーのリアルカードに金かけてる様子が伺える。

#事前登録とフォローリツイートでアマギフ配ってたはず。景気いい

 

3.ルール等

公式にルールpdfが置いてある。

基本的にマナ用意してそのリソースを消費して行動する感じだな。

遊戯王とは全然違うゲーム性だがどうなんだろう、デュエマしか知らんわ。

 

一応目を通してカードも動かしてみたから、ルール自体はなんとなーく把握したと思う。

まぁ構築済みデッキで、大したギミック(サーチが見当たらない!)もないから基本ルールだけだけどな。

 

βテスト2回とも落ちたら何もわかんないっすわ、フィードバックするチャンスすら貰えてないから今の所発言権なし。

だからカードの質についてくらいしか言及できないということだ。

 

まぁ、リリースされたらやってみる予定。

その前にまたテストとか公開とかしてくれたら喜んで飛びつくんだけどなぁ。

他にも、LINEの事前登録とバンナムIDの連携でデッキ0がもらえるらしくて、そっちも応募してあるから届くの待ち。

 

4.俺の期待

俺がこのゲームに一番期待してるのは、”リアルのカードゲームでも対戦できる”ところ。

AIと戦うってキャッチコピー通りということは、AIの提案に乗るか否かを選択しつつカード動かすことが出来るわけだ。

それだったら、リアルカードの内容をアプリに随時反映することで

「AIがリアルのカードゲームに口出しをしてくる」

という状況が不可能ではないということだ。

遊戯王VRAINSに近いことが実現できるのでは?と期待している。アプリで頑張って稼いでほしいところですわ。

 

コメント